PAGE TOP

二世帯住宅 二世帯住宅

つながる「距離」を設計したら、
二世帯が楽しくなった

ふたつの家族がひとつの屋根の下で
一緒に暮らす安心感。
仕事や遊びに忙しいときも、
協力しながら子育てや家事ができて、
自分たちらしい暮らしも、
もちろん楽しめる。

家事が協力できるからとても助かるわ
孫とふれあうことが生活の張りに

いま、そんなメリットから、多くの人が二世帯での暮らしを選択しています。
違う家族だから価値観やライフスタイルが
異なるのは当たり前。

みんなで食べると楽しいね、おいしいね
息子と酒を飲んで語り合う楽しい時間

だからこそ、ふたつの家族がつながる距離をしっかりと設計することが、
幸せな二世帯住宅を創る大切なポイントになります。

交流とプライバシーの
バランスに着目した
「距離感設計」でここち良い二世帯同居を

大家族でにぎやかに暮らす楽しみと、気兼ねなく過ごす自由さのバランスを、
住まいを考える初期段階でプランニング。
家事協力できる工夫も盛り込みましょう。

PLAN 1

独立型
互いを尊重する

プライバシーを大切にした住まい

プライバシーを
大切にした住まい

お互いの生活スタイルやプライバシーを尊重しながら、気軽に交流も。

分離
玄関・お風呂・キッチン
PLAN 2

共用型
つかず離れず

親世帯が子育てに協力しやすいプラン

親世帯が子育てに
協力しやすいプラン

それぞれの世帯の独立性を保ちながら、親が孫と過ごせるゾーンを設けることで、

分離
キッチン
PLAN 3

融合型
一緒を楽しむ

積極的に楽しむ三世代のふれあい

積極的に楽しむ
三世代のふれあい

一緒に料理をつくってみんなで食事をしたり、孫とお風呂に入ったりと、生活の

PLAN 1互いに気兼ねなく、自由な生活を愉しむ

プライバシーを大切にした住まい

親世帯と子世帯の生活空間を完全に分離して、それぞれの専用玄関も備えたプライバシー重視の住まい。
自分らしく暮らす自由さと、大家族のふれあいの楽しみを自在に切り替えて、メリハリのある暮らしができます。

互いを尊重するプラン 互いを尊重するプラン

A一人で趣味を楽しめる
寝室に併設した書斎

寝室の一角に書斎コーナーを併設。読書や写真など、自由気ままに趣味の世界を楽しめます。

B三世代みんなが集まって
団らんも楽しめるリビング

広いリビングでは、子世帯と一緒に食事をしたりくつろいだりも。ウッドデッキから外に出ることができ、開放的で交流しやすい空間です。

C夫婦それぞれの来客も
気軽に迎えられる和室

玄関から直接和室に入ることができるため、リビングに居る家族に気がねなく、気軽に友人を招くことができます。

D子世帯専用の玄関で
夜遅くの帰宅も気がねなく

親世帯と完全に分離した玄関なので、夜遅くに仕事から帰っても、両親を起こすことがありません。

E子供の成長に合わせて
個室の間取りをチェンジ

子供が小さい頃は共用ルーム、大きくなったら各々の個室に。家族のライフスタイルの変化に合わせてフレキシブルに間取りを変更できます。

PLAN 2孫を中心にふたつの家族がつながります

親世帯が子育てに協力しやすいプラン

階段の近くに、オープンリビングや孫のスタディコーナーなど、両世帯が交流できるゾーンを設けたプラン。
親世帯が気軽に孫と共に過ごす場があることで、子育てや家事に協力しやすくなります。

つかず離れずのプラン つかず離れずのプラン

A明るく開放的な
オープンリビング

三世代がゆっくり、のびのび過ごせる交流ゾーン。建具を採用すれば、来客時や各々のプライバシーを守りたいときに、さっと間仕切って空間を分けられます。

B玄関とお風呂を共用して
ふれあい感をアップ

共用の浴室は、親世帯と孫との楽しいふれあいの場になります。

C祖父母に教わる
スタディコーナー

階段付近にはスタディコーナーを設置。子世帯からも目が行き届き、親世帯が2階を気軽に訪れ、一緒に遊んだり、勉強を教えたりできます。

PLAN 3三世代が賑やかに集う、笑顔溢れる楽しい暮らし

積極的に楽しむ三世代のふれあい

玄関からお風呂、キッチンまで共用とし、1階と2階を吹き抜けでつなぐことで、両世帯の親密度をぐっと高めました。
子世帯ゾーンには専用リビングや洗面室、パパの居場所を確保する書斎も設けています。

一緒を楽しむプラン 一緒を楽しむプラン

A大きな吹き抜けで
2階ホールとつながるLDK

三世代が毎日食卓を囲み、団らんを楽しむ広びろしたリビング。吹き抜けが2階の子世帯ホールとのつながりも生み出しています。

B将来への備えも万全の
広いベットルーム

将来の介護に備えて、広い面積を確保した寝室。トイレや浴室にもアクセスしやすい動線です。

C専用の洗面で
身支度も

子世帯専用の洗面があれば、出かける前や来客時にさっと身支度できて便利です。

D趣味を楽しむ
パパの書斎

読書やパソコンなど、パパが自分の趣味を満喫できるコーナーを寝室に併設。

E子世帯だけで過ごすための
プライベートホール

2階のホールは子世帯専用のプライベート空間に。限られたスペースでも吹き抜けが開放的な雰囲気を生み出し、ゆっくりとくつろぐことができます。