PAGE TOP

STELLATRE ステラトーレ STELLATRE ステラトーレ

空間と暮らしに豊かさを
テクノストラクチャーの
3階建て

都市の制限の中でも空間を最大限に使い、開放感ある住まいを実現。
この場所で快適にずっと暮らしていきたい、という家族の希望を叶えます。

Open Space

テクノストラクチャー工法なら、
高い天井高と大開口で
狭い敷地でもゆとりのある空間に

Free Design

設計の自由度が高いので、
希望の空間を実現敷地も最大限に利用

Safe and Secure

さらに耐震性が高く
防火地域にも対応した構造
だから安心

3階建てを支える
パナソニックの
テクノストラクチャ―
ゆとりのある天井高と
ひろびろ空間

木と鉄の複合梁により、一般的な3階建て木造住宅より最大約10cm高い天井高を実現

一般的な木造住宅では梁の下に配管スペースが必要なため、その分だけ天井が下がってしまいますが、木と鉄の複合梁「テクノビーム」を使用すると、梁の鉄骨部分に穴をあけて配管を通すことが可能。そのため高さ制限がある中でもゆとりのある天井高を確保することができます。もちろん、梁に穴をあけることをふまえて構造計算をするので、建物に必要な強度はきちんと確保します。※ 配管を通す穴を梁にあけることで、別途配管用スペース(約10cm)が不要になり天井を高くとることが可能。

木製梁

木製梁概略図

建物の最高高さが決まっているため、配管スペースの分だけ天井高が低くなってしまいます。

テクノビーム

テクノビーム概略図

制限の中でも階と階の間の空間を最小限に抑え、天井高を確保できます。

2台並列ビルトインガレージや大開口を可能にするMフレームシステム

Mフレームシステム

一般的な木造住宅では梁の下に配管スペースが必要なため、その分だけ天井が下がってしまいますが、木と鉄の複合梁「テクノビーム」を使用すると、梁の鉄骨部分に穴をあけて配管を通すことが可能。そのため高さ制限がある中でもゆとりのある天井高を確保することができます。もちろん、梁に穴をあけることをふまえて構造計算をするので、建物に必要な強度はきちんと確保します。

一般的な木造住宅

一般的な木造住宅概略図

従来の木造工法では強度確保のために壁や柱が多くなりがちでした。

テクノストラクチャー3階建て

テクノストラクチャー3階建て概略図

門型フレーム(Mフレーム)を採用することで、最大間口約6m※のオープンな空間が可能になります。※ 壁芯寸法による値です。

テクノストラクチャー3階建て概略図

3層連結可能な門型フレームを採用すれば、1~3階連続の全面開口が実現します。※ 積雪50cm以下かつ断熱区分5~7地域のみ対応。

より大きな窓を設置でき開放感が向上

一般的な開口部イメージ

一般的な開口部イメージ

全面開口Mフレーム

全面開口Mフレーム

貴重な開口を最大限に活用した、明るく開放感あふれるリビングが実現(イメージ)