PAGE TOP

COLUMN

家づくりコラム

COLUMN家づくりコラム

『BASIE(ベイシー)』が新登場!「強さ」+「快適さ」が魅力の注文住宅

待望の新ラインナップ『BASIE(以下、ベイシー)』が誕生しました!
今回は、これまでのラインナップとの違いや、ベイシーならではの特長について、ワタケンホームの山本さんと川本さんにインタビューしてきました。

基本性能がグレードアップ!標準装備で安心安全な暮らしを叶える

column05-02.jpg

-ライター:今回の新ラインナップとして登場した『ベイシー』の魅力について、ぜひお伺いしたいです。よろしくお願いいたします。
早速ですが、ベイシーの魅力について教えてください。

-山本さん:よろしくお願いいたします!
今回のラインナップの魅力は、なんといっても基本性能のグレードアップですね。ベイシーのコンセプトは、「あたりまえを、きちんと叶えた住まい。」です。
家は、家族みんなにとって暮らしの基盤となる場所。そんな大切な場所で、家族が安心安全に過ごすためには、「強さ」と「快適さ」が欠かせません。

-ライター:なるほど。注文住宅だと、自分たちの理想にあった間取りやデザインが選べるというところに魅力を感じがちの方も多いと思います。
もちろんそういった部分も大切ですが、まずは家が安心安全な場所であることが大前提ということですね。

-川本さん:そうですね。「強さ」+「快適さ」があたりまえにあってこそ、より理想的な暮らしが実現すると考えます。ベイシーは、その"あたりまえ"を標準装備として取り入れました。
今回はその中でも、大きな3つの特長をご紹介します。

-ライター:よろしくお願いいたします!

【標準装備①】耐震等級3+さらに制震ダンパー

column05-03.jpg

-山本さん:地震大国と呼ばれる日本。まずは「強さ」についてご紹介します。
ワタケンホームの注文住宅では、「テクノストラクチャー工法」を採用し、全棟構造計算(許容応力度計算)を行っています。簡易的な計算方法の「壁量計算」ではなく、「許容応力度計算」を行い耐震等級3の家づくりを行っています。

-ライター:そうですよね。ワタケンホームの注文住宅といえば、パナソニックのテクノストラクチャー工法を採用しているので、安心安全なイメージです。

-川本さん:今回のベイシーでは、耐震等級3の構造計算をクリアした上に、さらに「制震ダンパー」を採用しました。

-ライター:耐震等級3の家である上に、「制震ダンパー」が追加になると更に強度が増しそうですね。

-川本さん:その通りです。これにより、例えば、熊本地震の時にあったような1回目の大きな地震だけでなく、2回目の大きな地震にも耐え、災害後も小規模な補修で住み続けられる可能性が高くなります。

-ライター:確かに、地震によって倒壊しないことは大切ですが、さらにその後のことは考えたことがありませんでした。住み続けられる可能性が少しでも高くなるのは、嬉しいですね!

【標準装備②】熱交換型換気

column05-04.jpg

-山本さん:続いては、換気についてです。
これまでも、24時間換気を行う方法として第一種換気方式を採用しており、効率良く計画的に換気することが出来ていました。
しかし、ベイシーではその第一種換気方式の中でも「熱交換型換気」を採用しています。

-ライター:「熱交換型換気」というと、暖かい空気を給気してくれるということでしょうか?

-川本さん:そうです。「熱交換型換気」を採用することにより、家の中に空気を取り込む際に熱交換器を通ることで、冬でも家の中に温かい空気が送り込まれるようになりました。
これにより、室内の温度が下がりにくく、冬でも快適な暮らしを実現します。

-ライター:確かに、廊下に出ると寒かったり、脱衣所も寒かったりと、家の場所によって温度が急激に変わることってありますよね。

-山本さん:そうですね。そういった部屋の温度差によるヒートショックの被害を抑えることにも繋がります。

【標準装備③】オール樹脂サッシ+トリプルガラス

column05-05.jpg

-川本さん:続いては、サッシと窓ガラスについてです。
これまでは、ペアガラスが主流でしたが、ベイシーでは更に一枚追加になった「トリプルガラス」が全部屋標準装備になります。熱を通しにくく、更に防音性も高くなります。

-ライター:大きな通り沿いに住む方などには、防音性が高くなるのは嬉しいですね。

-山本さん:また、サッシはオール樹脂を使用しています。断熱性が上がり、冬場の冷気が室内に伝わりにくくなります。
サッシも窓ガラスもグレードアップしたことにより、より家の中が快適になります。

ZEH基準の家が標準装備で叶う!

column05-06.jpg

-川本さん:これまでにご説明した通り、標準装備で「強さ」+「快適さ」を追求したことにより、ZEH基準の家づくりが可能になりました。

-ライター:「ZEH」というワード、最近よく聞きます。「ZEH基準」というところについて、もう少し詳しく知りたいです。

-山本さん:ZEHとは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略称でゼッチと読みます。
ZEHとは、断熱性能等を向上させたり、高効率な設備システムを導入したりすることにより、大幅な省エネルギーを実現させること。さらに、太陽光パネルなどの再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支をゼロとすることを目指した住宅のことを指します。

-川本さん:ベイジーは、「太陽光パネル」はオプションとなりますが、それ以外の設備が標準装備となっているので、断熱性能と省エネルギー性能はZEH基準をクリアした住宅となっています。

-ライター:確かに、よくオプションとして紹介されれているものが標準装備になっていて驚きました!

-山本さん:建てる前は予算とのバランスを考えて、妥協することも必要な時があります。けれど、断熱性や気密性は、建ててからでは変更がしづらい部分になるので、建てる時にきちんと押さえておきたい部分です。

-ライター:今回教えていただいた内容については、長く暮らすことを考えると、どれも標準装備として組み込まれているのは嬉しいです!
標準装備で十分の設備が組み込まれていることは分かったのですが、おすすめのオプションなどはあるのでしょうか。

-川本さん:あります!最近お客様からお問い合わせが増えているのは、先ほど出てきた「太陽光パネル」と、「防災システム」などについてです。必要性やコストパフォーマンスを熟知した営業担当が、メリット・デメリットなどを包み隠さずご説明するので、気になる方はお気軽にお問い合わせください。

東海エリア初!2022年5月にベイシーのモデルハウスが誕生

-ライター:続いては、建設中のモデルハウスについて教えていただけますでしょうか。

-川本さん:実は建設中のモデルハウスは、東海4県で初となるベイシーのモデルハウスです!

-ライター:そうなんですね!より楽しみになってきました。

-山本さん:今回は特別に、建設中のモデルハウスの模型を公開させていただきます!

column05-07.jpg

-川本さん:こちらは外観です。2階建ての3LDK+2Sのモデルハウスです。注文住宅なので、外観ももちろんお客様の好みに合わせて変更が可能です。

column05-08.jpg

-山本さん:続いては、家の中です。魅力的なポイントはたくさんあるのですが、ぜひ直接ご覧頂き、体感していただきたい部分なので、気になる方はぜひモデルハウスへお越し下さい!

-ライター:モデルハウスの良いところって、良くも悪くも写真や間取りだけでは分からない部分が、体感できるところですよね。
新しく建つモデルハウスを見学してみたくなりました!

-川本さん:そうですね。モデルハウスだとよりベイシーの魅力を感じて頂けると思います。 パナソニックの最先端の技術と品質により生み出された「ベイシー」を、創業100年以上続く渡辺建設の確かな技術で建てることにより、住む人が長く安心安全な暮らせる家をご提供できると自負しております!

-ライター:お二人のお話を伺っていると、魅力的なポイントを分かりやすく説明いただいているので、安心してお任せできると感じました。さらに話し方の熱量からも、本当にベイシーは魅力的な家だということが伝わってきます!

専属コーディネーターが丁寧にご説明いたします

column05-09.jpg

-山本さん:ここまで、色々とベイシーの魅力や特長についてご紹介してきましたが、もっと詳しく知りたい方は、ぜひワタケンホームのモデルハウスへお越しください。

-川本さん:専属コーディネーターが、お客様の疑問やご要望に対して、丁寧にご説明させていただきます。また、まずは知っていただきたい、色々と比較して納得して決めていただきたい、という思いから、しつこい営業等は一切行いませんので、ご安心ください。

-ライター:現在、ベイシーのモデルハウスは建設中ですが、裾野市茶畑にモデルハウスでお話を伺えるのですよね?

-山本さん:そうですね。茶畑にあるモデルハウスにお越しいただければ、ベイシーについてのご案内もさせていただきます。
また、ベイシーのカタログのご用意もありますので、お気軽にお問い合わせください。(※資料請求はこちら)